読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独のひなげし

いつも絶好調 まさに最高潮 なぶろぐ。

ジャニーズWESTのSCARSを関ジャニ∞が歌ったら


自己満足をぶつけた前回の記事が楽しすぎて早くも第二弾。





ジャニーズWESTのSCARSを関ジャニ∞が歌ったら」



エイト→WESTは想像しやすいんだけど、WEST→エイトはいつもあーでもないこーでもないとしっくりくるまでが難しいです。
その分楽しくもあるんですが。笑





☆曲について
ジャニーズWEST『パリピポ』よりSCARS

パリピポは私がWESTに落ちる少し前にリリースされたアルバムだったので、一番聴きこんでいる気がします。

そして、初めて少年倶楽部でのパフォーマンスをリアルタイムで見たのがSCARS。
きらびやかな装飾がついた黒い衣装は一見強さがあるように見えるのに、歌って踊る彼らはすごく儚くて、「この人たちやばい」って思わされた曲です。

WESTも生歌の力が強くて素敵ですね。
ソロも多く、それぞれが表現力をフルに発揮しているので、聞いていて楽しいです。





☆私の考える関ジャニ∞的SCARS

フェイク
桐山 → 丸山

「あとどれくらいだろう? 僕らがこうしていられる瞬間は」
重岡 → 村上
この曲、最初の照史くんのフェイクと重岡くんの歌い出しで雰囲気が定まってる気がします。
歌詞はすごく重くて暗くて悲しいんだけど、照史くんの綺麗な声と重岡くんの甘い声で、切なさの中にも透明感というか、美しさが感じられるような気がするんです。
エイトver.では、高い声に癖がない丸ちゃんのフェイクと、あの声の中に男らしさと哀愁が含まれている(と私が思っている)村上くんの歌い出しが聞きたいです。

お気づきでしょうが、私、村上くんの声というか歌声、すごく好きです。





「幸せな時間を刻むほど何故か 臆病になる」
中間 → 安田
「しあわせなと」までのメロディが上がっていくところの淳太くんの歌声の表情がすごくツボです。
「とき」の「と」と「き」の間に、なんとも言えない音が挟まれているところも色っぽくて、淳太くんの表現力に打ちのめされます。
やすくんの方がもう少し固めの声だと思うのですが、やすくんなりの表現も聞いてみたいところです。





「今日という1日が 終わるとき 側にいたい」
藤井 → 錦戸
ここはいつも、目をつむって大切に丁寧に歌う流星くんが頭に浮かびます。
流星くんてタ行の発音がすごく色っぽい。
「いちにち」「とき」「いたい」のタ行の部分で、息がもれる歌い方、亮ちゃんもしそうな気がします。
2人とも歌声が吐息交じりな感じ。





「誰にも言えない孤独は お互いに隠さないでいい」
桐山 → 丸山
照史くんってファルセットでもいろんな表情の声が出ると思うんですが、ここのファルセットはほんっとに綺麗です。
色気があるんだけど、「Toxic Love」の大サビ前のファルセットとは全く違う色気。
「マイナス100度の恋」の大サビのファルセットに心を掴まれたので、ここは丸ちゃん。
照史くんよりもう少し甘めな感じになりそうです。





「まばたきさえ惜しんだ 君の不安 たまらないのさ」
濵田 → 大倉
ここの濵田さんの色気よ。特に「たまらないのさ」の歌い方。罪。
少年倶楽部での披露時は、あえて切なげな表情を作りこむことなく、さらっと歌っている様子でしたが、それがより色気を醸し出していました。
大倉さんも、あのとんでもない色気の低音で歌いこなしそう。





「僕は君の為に 誰かを傷つけてもかまわない」
神山 → 渋谷
殺し文句すぎますね。
あの高く澄んだ声で神ちゃんが歌うからこそより効き目がすごい。
すばるくんの、「ツブサニコイ」の「好きだよって」の感じで聞きたい。絶対最高。
濵ちゃんの下ハモパートは、引き続き大倉さんで。
(どうでもいいですが、わたしはエイトのコンビだとすばくらが一番好き。)





「愛するほど戸惑う この恋心 壊れるくらい抱きしめ合ってく たどり着くのは幻だとしても 今に君がいればいい」
小瀧 → 横山
ここ、「小瀧くん柔らかく儚く歌おうとしてる〜〜」って思うポイントです。
小瀧くんの声ってほんっとにでろでろに甘い。のに歌い方も甘くしてくるから罪。
横山さんの声ってこの歌詞に合うなと思います。
あの声は「たどり着いた先は幻だった」感が強い。





「他の誰も触れない 確かな記憶 消せない本能に刻まれていく ずっと2人は愛し合うはずなのに 素直になる度 疼く傷痕」
中間 → 大倉
ここの淳太くんの美しさ…
大倉さんもそういう魅せ方が上手だと思うのでキメてほしいところです。





「君は僕を照らし 僕は君の鏡になる」
中間、藤井 → 村上、大倉
淳太くんと流星くんの声って合わさるとすごくアダルティですね。
淳太くんの声って溶け込みやすいと思うんですが、特徴のある流星くんの声と一緒だと逆にちゃんと聞こえてくるような気がします。
エイトver.は、私が勝手に相性がいいと思っているただよしんご。
大倉さんも声に包容力があるというか、誰とでも合う声ですね。
淳太くんよりも主張が強めだとは思います。





「本当の顔を映した 安らぎがそこにはあった」
重岡、小瀧 → 横山、錦戸
重岡くん小瀧くんと、甘い声の持ち主2人が歌うこのフレーズは、ほんと胸焼けがするくらい甘いです。甘いです。(強調)
この2人も相性いいですね。
横山さんのふわふわ甘めの声と、亮ちゃんの甘いんだけどスパイシーな声は、上手く調和すると思っています。





「だからこそ瞬間を求めるように 想いを馳せる 失うくらいなら 罪と罰を受けようと かまわない」
桐山 濵田 → 渋谷 丸山
前回の記事を書いていて思ったのですが、照史くんと濵ちゃんって2人ともリア恋枠と言われているし、私もそれにはものすごく同意なんですが、全然違う恋愛しそうじゃないですか?
長くなるので詳しくはやめておきますが、照史くんのアカイシンキロウみたいに縋り付くところは想像できても、濵ちゃんのはできない。
それはおいといて、ここはまるすば。
「想いを馳せる」のとこすばるくんの声で脳内再生余裕すぎるし、濵ちゃんパートを丸ちゃんに歌わせたい。




「傷つくほど強くなる 愛しき衝動 温めあうように慰めていく 例えばそれがまやかしだとしても 2人だけは真実」
神山 → 安田
神ちゃんのクリスタルボイスってWESTにとってほんとに財産だと思うんです。
この曲に絶望感がそれほど漂わない(と私が思っている)のは、神ちゃんの声のおかげかなあと。
絶望度の高いSCARSもそれはそれで聞いてみたいし、魅力があると思うので、どちらの表現もできそうなやすくんで。





「他の誰も触れない 深い傷痕 行き場のない思い 積もらせていく ずっと2人は愛し合うはずなのに 思えば思うほど 切なくなる」
重岡 → 村上
そんな甘い声で切ないなんて言わないで…!?!?と取り乱すくらい好き。重岡くんの声。
エイト的には村上くんのかすれ声で、もう少し大人っぽく含みのある感じかな…





「もし君が消えたら明日は来ない」
重岡、神山 → 安田、錦戸
「心だけが永遠を知る」
中間、小瀧 → 横山、大倉
「どんな哀しい運命だとしても」
濵田、藤井 → 村上、丸山
「その腕の中で ずっと眠りたい」
桐山 → 渋谷

まとめてしまいました。
神重の声の調和性ってなんなんですかね、運命?神重も尊いし、ヤンマーも尊いよ。
腕の中で眠るすばるくんも尊いよ。
イメージは「青春ノスタルジー」のすばるくんの歌声。
はまりゅせパートの下ハモは丸ちゃんかなあ。





「愛するほど 求め合う 裸の心」
重岡 → 丸山
「壊れるくらい 抱きしめ合ってく」
小瀧 → 錦戸
丸ちゃんの見せ場が大サビ付近である曲って大体好きになります。
「抱きしめあってく」を余韻たっぷりに歌う小瀧くんが大好きなんですが、亮ちゃんのも絶対素敵。





「傷つくほど 強くなる 愛しき衝動 温めあうように 慰めていく 例えばそれがまやかしだとしても 2人だけは真実」
濵田 → 渋谷
ぜっっっっったいに高くなるアレンジの方で聞きたい!!
濵ちゃんの高い声ってすごくエモいです。





「他の誰も触れない 深い傷痕 行き場のない思い 積もらせていく ずっと2人は愛し合うはずなのに 思えば思うほど 切なくなる」
「疼く傷痕」
小瀧 → 横山
「きずあと」のあとの余韻…っ!!!たまんねー!!!
ほんっとにWESTってこういうところの表現がみんな上手だと思います。
横山さんの、震えているようなゆらぎのある声がはまりそうです。





以上。



私、語彙力がないんだなって記事2つ書いて改めて気がつきました。笑
でも、エイト⇄WESTって楽しいし考えやすいので、いくらでも書けそうです。
しかもこれって歌詞を改めてじっくり読むので、さらにその曲が好きになりますね。



こんな長い記事、最後まで読んでくださる方いるんでしょうか…笑
ここまで読んでくださってありがとうございます!!